2016年11月3日 きのこの山(デザインの解剖展)

11月4日に有給をいただいて、11月3日~6日の4連休で雲取山、至仏山、両神山に登ってきました\(^o^)/(プラスきのこの山を見に行きました(笑))。

いきなりですが、本題(山登り)に入る前に、

初日は山登りとは全く関係ないのですが(山つながりとはいえなくもないかな(笑))、東京で開催されている「デザインの解剖展」に行ってきました。
普段は美術館にはあまり行かないのですが、ポスターのきのこの山に一目惚れし、はるばる大阪からやってきました。きのこの山派の私としては是非とも見ておきたかった展覧会です。
当日は優雅に新幹線で東京入り(本当は夜行バスで東京入りする予定だったのですが(苦笑))。お昼前に東京に到着しました。時間に余裕があったので渋谷から会場の東京ミッドタウンまで歩いてみたのですが(片道3.5キロもあった)…これがめっちゃしんどかった(>_<)。やっぱり山歩きと街歩きでは疲労度が全然違いますね。これが今回の旅の一番の核心部でした(苦笑)。

へとへとになりながら会場に到着。空は快晴です\(^o^)/。今日は雨でもよかったのに(苦笑)。
ちなみに、登山用ザックを背負っている場違いな人間は私だけです…でもまさかの大きな荷物は受付で預かってくれるとのことで、ザックを受付にデポし、身軽になって山頂会場へ向かいます(笑)。山に限らずデポできるって最高ですね\(^o^)/。

会場に入ると早速、


あったー\(^o^)/。めっちゃでかい。けどかわいい♪

歴代のきのこの山も展示されていました。懐かしい。

このジオラマ、山好きにはたまらない(笑)。
さて、肝心の「デザインの解剖展」ですが、単なる物理的な解剖かと思っていたのですが、内容はデザインというよりはマーケティングを勉強しているみたいでした(案内には「原料や製法、製品管理から流通に至る幅広い要素を掘り下げる」としっかりと書いてありました)。
ただ掘り下げ方が半端ない!!!
ひとつの製品を作るだけでも、これほどのプロセスがあるのかと驚かされます。掘り下げがすごすぎて、すべてを読み込もうとしたら丸一日かかるのではないでしょうか。

「きのこたけのこ戦争」についての掘り下げもありました。
私のまわりは「たけのこ派」が多かったのですが、そのおかげで、たけのこの奪い合いに巻き込まれることはありませんでした(苦笑)。
きのこの山以外にも、明治ブルガリアヨーグルト、明治ミルクチョコレート、明治エッセルスーパーカップ、明治おいしい牛乳が解剖されています。

それぞれ大きな模型があるのですが、どれもかわいいです♪

以前解剖された写ルンですもありました。最近の子どもはインスタントカメラを知らないのかな(^_^;)。
リカちゃんもあったのですが、写真が怖くてアップできませんでした(苦笑)。

さて、話は山登りから脱線してしまいましたが、ここから軌道修正。帰りはもちろんバスで渋谷に戻り、京王で渋谷から高尾まで、中央線で高尾から今回の旅の拠点甲府に向かいます(当初は至仏山ではなく、八ヶ岳(赤岳)に登る予定だったのです)。

甲府駅でレンタカーを借りて、まずは温泉に向かいます。今回は甲府市内にある大滝温泉に行きました。
料金は確か620円とお手頃で、壺湯が風情があってよかったです♨ただ、ホームページでは住所がわからなかったので少し苦労しました。
温泉でさっぱりした後は、本日の宿である甲府市内のネットカフェに向かいます。ん、ネットカフェ!?と思われた方もいらっしゃるでしょうが、実は私、山登りでは宿泊先としてネットカフェをよく利用するのです(なぜネットカフェかについてはまた別の機会に記事にします)。
横になれるブースを無事に確保し、まったりと漫画(岳ではない(笑))を読みながら、眠りにつきました。

2日目(雲取山)につづく